忍者ブログ

芸のある写真


去年の写真。緑が強過ぎたのを下げたら自然な色になりました。

さて
自分の写真を撮るようになったきっかけは、1980年代の末にある雑誌を見てからなのですが、 だんだんと、写真とは「過去の自分との対話」であるような、そんな感覚がめばえてきたのでした。
遠方の人に見せるためにも写真は必要でした。なので、楽しんでもらえるような写真を撮ろうと工夫をするようになりました。

ネット時代になっても基本は同じです。
楽しんでもらえる、というのは、一言でいえば、芸のある写真、でしょうか。芸とは、その昔「将来なるかもしれない職業」だったニューハーフさんや、さまざまの人たちの芸などとも共通のものがあるのだと思っています。

具体的には、さまざまなのですが、
ままごと草では、最初に、春夏秋冬の季節に分類したのでした。四季は、俳句の世界でもありますね。
背景重視の、絵になる写真。音が聞こえてきそうな・・視覚以外の何かを感じるような。
人物の自然で多彩なポーズ。お色気とユーモア。
そのほか、いろいろな理由で、保存してある中から写真を選んでいます。その中にないものは、しかたありません。

本当は、芸能人志向のようなものが私の中にあって、その代償行為のようなものなのです。

今年は、これで最後です。
新年は3~4日暇をいただいてから再開の予定です。
では皆さま、良いお年を。
PR

12月の雨

22日の夜に雨が降って、23日は暖かい日でした。
この写真は20世紀の最後の年(2000年)。11月だったかもしれませんが、この日も冷たい感じはなかったと思います。

似たポーズのアングル違いの2枚。
左足の指を少し浮かしてるのは、雨で濡れてたせいかもしれませんね。素足のようですので。

木馬と私

去年の12月はとても暖かい日が多くて、そんな日のお散歩。
カメラを少し高い所に置くことができました。
持ち運び用の細い三脚は1メートルの高さしかなく、昔からややローアングルから撮った写真がとても多かったのですが、最近はそれではあごのラインがきれいに撮れないことも増えてます。

古くなった木馬。横座りは安定感が悪いです。腰骨だけ乗ってて、脚全体は浮いている感じ。

10年前の夏は、こんな感じ。木馬には頭がありました。
腰骨ではなく、大腿部で乗ってみたので、幅が広がって見えます。男性の場合はそんなには幅が広がらない人が多いみたいですね。

雪と赤

ボデコンっていいましたよね。真っ赤なの。
冬の時期だったのですが少し写真に残しておこうと思いました。
そしたら雪が降ったので、雪の白と赤というシチュエーションを思いついたのですが、
午後になると、どこも雪はとけていて、雪を見つけたのがとある貯水池のそばでした。
日は射していたのですが、また少し雪がちらついてきました。

池の氷は氷ってましたね。
1994年。ひざは、まだO脚矯正中といったところ。

遠くで梅の花が

夏ならバーベキューかなにかで賑わいそうなところ。
ひっそりとしていて、遠くで梅の花が咲きはじめたころでした。



寒い日が続きますね

「寒い日でしたね」 と同じ日の写真。 1997年1月。
インスタント写真をスキャナした画像なので、小さいゴミが着いてます。レンズのために、枠の周辺近くが大きく写ります(頭でっかちに)。
この写真は撮ったその日に投稿原稿に使い、4月号に載りました。
1990年代の投稿写真も、ひととおり「ままごと草」にアップしようと思います。

撮影はYさんですね。

冬の花

冬の花で、山茶花だと思います。
2004年12月、この日の写真は、右サイドメニューの検索から
 a4l (lはLの小文字)のキーワードで、4つ出ました。
(この記事のアップ後は5つ出ると思います)

最初の2文字の a4 は’04年の意味で、3文字目のアルファベット a~l の12種類の文字は季節を意味しています。

くちびるが

1/10の記事の写真と同じ場所で、1か月後の写真ですが、こちらは初期のデジカメです。
天井の照明が入ったり、光の加減が悪いと黄色っぽく撮れるカメラでした。
目の左右の大きさが違うような気もしますね。解像度が低いですから、たったの1ピクセルのノイズでも、瞳が3ピクセルに見えるたり4ピクセルに見えたり、その差は大きいです。デジカメはまだ時期尚早だったかもしれません。

でも、次の写真のように、妙な肌の立体感が出ることがあるので、面白いカメラなのでした。
普通のフィルムでは、こんなふうには撮れませんでした。
ただし、唇の周囲が白っぽくなりすぎです。ひげがあるみたいに見えます。唇と肌の境界のような、濃淡の差が強い部分ではコントラストが強調されるみたいです。そういうのは今のデジカメでもありますが、解像度が何倍も大きいので気にならないのでしょうね。

唇が、少しめくれたように見えるのは、カメラのせいではなくて、若いころはそういうものみたいですね。

寒い日でしたね

1997年の1月のころ、珍しく(?)亀戸の某所へ行ったとき。
とても寒い日でしたが、建物の中は暖房で暖かでした。
はるばる中国地方から来たというほっそりした人とお話しした記憶があります。
写真は、シャッターを押してくれた人の指が左下にかかってしまったので、周囲から壁紙細工のように貼り付けてみました。

やっと見つかりました。

先月末のころに撮った写真ですが、カメラから取り出したSDメモリが見つからなくて、今月24日になってやっと見つかりました。
家へ帰る途中でどこかへ落としたんじゃないかしらと、焦ったのですが、ちゃんと家にありましたね。最近、物が見つからないことがよくあります。
SDメモリのように小さいものはたいへんです。
その中から1枚。800x600です。

Entries

芸のある写真 (2016.12.29)
12月の雨 (2016.12.25)
木馬と私 (2016.12.03)
雪と赤 (2016.01.26)
遠くで梅の花が (2016.01.24)
冬の花 (2016.01.16)
くちびるが (2016.01.12)
寒い日でしたね (2016.01.10)

Search

Recent Comments

Re:元気に歩いて [10.21 Hatoko]
Re:古びた桜の木 [10.21 Hatoko]
Re:山小屋を後に [10.13 Hatoko]
無題 [10.11 Steve]
無題 [10.11 Steve]
無題 [10.11 Steve]

Profile

HN:Hatoko
自己紹介:
鳩子の詩のような歌のような、そしてトランスジェンダーな絵草子です。20年余りの趣味の写真からのお気に入りなど。
メールはこちら...メール

お知らせ

拍手」からのコメントを多数いただいています。ありがとうございます。「拍手コメント」は返答する方法が用意されていませんので、ここでのお礼のみになります。写真についてのコメントが多いようなのですが、どの写真のコメントなのか、よくわからない仕組みになっています。
パスワード」については、一部の人に提供するのではなく、ブログ内のコメントなどから自分で探し出すというゲーム感覚のものです。右サイドのメニューには「検索」の機能もありますので。
コメント」では禁止ワードが設定されています。

鳩町通り3番地